審美歯科

お口からキレイになる診療メニュー

美しさも機能も両立させる歯科治療

審美歯科は、お口の美しさと機能性を両立させるための診療メニュー。一般歯科(虫歯や歯周病の治療など)ではお口の機能的な回復が目的となりますが、審美歯科では機能と同時に美しさも追求します。

当院では特に、歯並びの見た目と機能を整えることを重視して治療を行っています。

当院の審美歯科治療

オールセラミック すべてをセラミックで作製した歯科素材。本物の歯に近い見た目と強度を持っています。
メリット デメリット
・本物の歯に近い色や機能がある
・着色しづらい
・噛み合う歯にダメージがある
・割れやすい
ハイブリッドセラミック 歯科プラスチック「レジン」とセラミックを掛け合わせた歯科素材。本物の歯に近いしなやかさがあります。
メリット デメリット
・本物の歯に近い色や機能がある ・審美性はセラミックに劣る
・着色することがある
メタルボンド 金属のフレームにセラミックを焼きつけたタイプの被せ物。強度が高く、自然な見た目になります。
メリット デメリット
・強度が高い ・光を透過しない
・金属アレルギーを起こす可能性がある
ジルコニア セラミックの一種で、「白い金属」とも呼ばれるジルコニアを使用した被せ物。強度が高く、見た目も自然です。
メリット デメリット
・本物の歯に近い色や機能がある
・強度が高い
・着色しづらい
・費用が高額
ゴールド 金を使用した詰め物や被せ物。金属でありながら生体親和性が高く、ほとんどアレルギーなどを引き起こしません。
メリット デメリット
・強度が高い
・豪華な輝きがある
・費用が高額
・光を透過しない
審美歯科治療例

ジルコニア治療例


術前                        術後

ラミネートベニア

前歯の表面を薄く削り、その上からセラミック製の板を貼りつける処置です。歯を削る量を抑えられるほか、自分自身の歯を活用でき、見た目も自然でキレイに仕上がります。

メリット デメリット
・金属アレルギーが起こらない
・歯を削る量が少ない
・軽度な歯並びの乱れも改善できる
・噛み合わせが悪い方や歯の小さい方は適用できない
ファイバーコア

歯の土台となる部分に入れる、樹脂製の素材です。弾力性があるため折れにくく歯の破損もありません。

メリット デメリット
・本物の歯と同様に光を透過する
・金属アレルギーが起こらない
・費用が高額

メタルフリー治療への取り組み