歯周病治療

気づきにくい病気だからこそ要注意

お口の中だけでなく全身にも影響が 歯周病は早期発見・早期治療が大切

歯周病は、プラーク(歯垢)に棲む歯周病菌によって歯ぐきが炎症を起こす病気です。歯周病が進行するとアゴの骨が溶かされ、最終的には歯が抜けてしまうこともあります。虫歯のように痛みがないため、かなり進行しないと気づかない方がたくさんいます。そのため、日本人が歯を失う原因の第1位になっているのです。

鳥取の歯医者「谷口歯科医院」では、患者さんたちの大切な歯を守るために、予防に重点を置いた治療を行っています。対症療法的な治療ではなく、病気になる前からしっかりケアして健康を守りましょう。

歯周病の恐怖

歯周病は、歯周病菌が歯の根に入り込んで、歯周組織(歯ぐきやアゴの骨など)にダメージを与える病気です。初期段階として歯ぐきに炎症が起こり、歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)が深くなります。症状が進行すると歯周ポケットがさらに深くなり、アゴの骨が溶かされていき、歯がグラついて、最終的には歯が抜け落ちてしまうのです。

歯周病はお口の中に多大な被害を及ぼしますが、それだけでは終わりません。歯周病菌が体内に入り込むことで、全身にも悪影響が出てしまいます。

歯周病と全身疾患

歯周病が悪化すると下記のような全身疾患につながることがあります。

肺炎 歯周病菌が入り込んだ唾液が気管に入ってしまうと、肺の周辺で炎症を引き起こして肺炎になることがあります。
心臓疾患 歯周病菌が血管に入ると、血管内に血栓ができやすくなります。この血栓ができると、心筋梗塞や動脈硬化などを引き起こすことがあります。
糖尿病 歯周病にかかると糖尿病が悪化することが多々あります。逆に、糖尿病になると免疫機能の低下によって歯周病になりやすくなると言われています。
HBaic5,7以上の数値だと危険(血糖値)です。
早産 歯周病菌が体内に入り込むことで、妊娠している方に陣痛に似た筋肉の収縮を引き起こすことがあります。それが原因で、早産や低体重児出産につながることがあります。

検査が重要です

歯周病は目立つ兆候があまりないため、自分では判断しづらい病気です。歯科医院で検査して、歯周病にかかっていないかどうかを把握することが重要です。

歯周ポケット診査

「プローブ」という専用の器具を使用して、歯周ポケットの深さを調べます。歯周ポケットが深ければ深いほど症状が進行していることになります。

歯の揺度の検査

歯をピンセットでつまんで動かして、グラつきを調べます。グラつきが大きいほど症状が進行していることになります。

レントゲン検査

レントゲンでアゴの骨の状態を調べます。骨が薄くなっているほど歯周病が進行していることになります。

谷口歯科医院の歯周病治療

歯周ポケット?爬術(そうはじゅつ)

比較的軽い歯周病に対する治療法です。歯ぐきに麻酔をして、歯周ポケットの中に入り込んだプラークや歯石を掻き出します。

フラップ手術

進行した歯周病に対する治療法です。歯ぐきを切開して歯根を露出させ、プラークや歯石、感染した組織を取り除きます。

GTR

歯周病で破壊されてしまった組織を再生させる治療法です。メンブレンという人工の膜を設置して、組織の再生を促します。治療後は設置したメンブレンを除去します。

エムドゲイン

歯周病で破壊されてしまったアゴの骨を再生させる治療法です。エムドゲインゲルという薬剤を注入して骨を再生させます。この薬剤は体内に吸収されるため、後で除去する必要はありません。

ナイトガード

マウスピースの一種で、夜間睡眠時にこれを装着することで、特定の歯に強い力がかかったり、揺らしてしまったり、すり減らしてしまうことがないようにする装置です。 歯周病は強い力により進行するので、力のコントロールが重要です。

患者さんの声
・ナイトガードをつけて寝ると、朝起きた時、あごのだるさがなくすっきりした感じがする!
・初めてつけた時は、口が閉じられないような気がしてマスクをつけて寝たが、今は慣れたので全く気にならない!


レーザー

痛みを抑えて治療できるほか、治癒も早くなるレーザーを使用した治療です。痛みが抑えられるため、麻酔なしでも行えます。

バイオレーザー

当院では半導体を用いたバイオレーザーも導入しています。

蒸散・切開  組織活性化  麻酔・止血  消炎・鎮痛・除痛

上記の作用により、歯周病・虫歯の治療・知覚過敏・口内炎・口角炎・口臭の気になる方・歯と歯茎のホワイトニング・レーザー麻酔が適応になります。

様々な分野でレーザーの光が有効活用されています。

光による新しい治療法は安全で副作用もありません。

ペリオウェイブ

ペリオウェイブは、レーザー光によって歯周ポケット内の細菌を除去し、健康な歯周組織を取り戻す治療機器です。歯周ポケット内に専用のジェルを塗布し、レーザーを照射します。

・薬剤は一切使用しないため安全
・術中に痛みを感じることがない
・術後に違和感が残らない
・副作用の危険がない
・何度でも治療を受けられる

上記のようなさまざまなメリットがあるため、多くの患者様から選ばれています。

PDT治療の流れ

PDT(photo dynamic therapy)とは光線力学療法と呼ばれる薬を使わない光による殺菌システムです。

治療の流れ

1.バイオジェルを歯周ポケットに注入

2.無熱レーザーを1分間照射

3.死滅した菌を洗浄

ほとんどの場合、1回~3回の処置で改善します。
改善後も予防のために6ヶ月おきの受診をお奨めいたします。
※治療回数には個人差があります。

オゾンナノバブル水

「オゾン」を小さな泡に閉じ込めた水細菌を除去する力の強い「オゾン」を、目には見えないほど小さな泡(ナノバブル)に閉じ込めた水です。歯周病治療時に使用することで効果を発揮します。

EpiPen(エピペン)

エペピン

麻酔を行ったときなどに起こり得る呼吸困難や意識障害などの激しい急性アレルギー反応が「アナフィラキシー反応」です。

「エピペン」は、この症状を一時的に緩和することができる補助治療剤(アドレナリン自己注射薬)。当医院では、治療時の万が一に備え、「エピペン」を導入しています。




口腔粘膜疾患の症例

口腔粘膜疾患の症例1口腔粘膜疾患の症例2

ピオク二ンで染色した写真です。
腫れと痛みがあったために切除して、細菌検査に出しました。
結果としてカンジタ症でしたのでミコナゾ―ル20㎎含有フロリードゲルを処方しました。
患者様もいい感じになってきたと喜びのお言葉をいただきました。

黒毛舌(こくもうぜつ)

抗菌剤ステロイドの長期投与や抗がん剤投与により起こる菌交代現象。舌の糸状乳頭が著しく伸び、舌に毛が生えたような状態になります。
カンジタ菌が増えた結果硫黄化合物が生じ、血液中のヘモグロビンと結びつくことで黒色になると言われています。

治療前治療後

溝状舌(こうじょうぜつ)

溝状舌

溝状舌は先天奇形の一種です。特に処置は必要ありません。
溝の中に食物が停滞し、口臭や舌の炎症の原因となる事があります。

メラニン色素の症例

術前術中術後の変化

BioGaia

BioGaia 1BioGaia 2

写真の方は九州歯科大学教授細川隆司先生です。


BioGaia 3

BioGaia 4

BioGaiaについて詳しくは専門サイトをご覧ください。
→バイオガイアジャパン株式会社